モグニャンとロイヤルカナンはどっちが良い?5つの項目で違いを徹底比較!

アフィリエイト広告を利用しています。

特集:モグニャン

食いつきの良さで魚味大好きネコちゃんから高評価のモグニャンキャットフード、食べてくれないネコちゃんへのフード切り替え候補に良く名前が挙がります。

モグニャン以外の切り替えフード候補として『ロイヤルカナン』キャットフードも人気があり、google検索にも『モグニャンとロイヤルカナンはどっちが良いの?』といった検索内容が多いそうです。

この記事では、モグニャンとロイヤルカナンの違いと両者の優位性について、私なりの私見も交えながら解説していきます。

最初に結論から伝えると、どっちも良いフードなのですがモグニャンの方がネコちゃんが喜んで食べる良いフードとなるでしょう

5つの項目について詳細を知りたい方は,ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

 

総合評価:モグニャンの方が優れたポイントは多いようです!

※こちらの表は当サイトの運営コンセプトに基づいて評価したものです。

モグニャンが優れている点 ロイヤルカナンが優れている点
  • 原材料・成分
  • バリエーション
  • 食いつきの良さ
  • コスパ(価格面)
  • 入手のしやすさ

優れている項目の多さでは、僅差ですが『モグニャン』がおすすめとなりました。

ネコちゃんの本能に根差した好みや健康面を考えた結果、モグニャンは自信をもっておすすめできるキャットフードと言えるでしょう。

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

モグニャンとロイヤルカナンを5つのポイントで徹底比較!

両者を比較するに際し、モグニャンはバリエーションが1つしかありませんが、『ロイヤルカナン』は猫種や機能等別に様々な種類が販売されています。

ここではロイヤルカナンシリーズで一番オーソドックスな『インドア』をモグニャンと比べていきます。

モグニャン・ロイヤルカナンどちらが良いか、5つの比較項目で評価判断したものがこちらです。

比較項目 おすすめするフード
コスパ(価格面) ロイヤルカナン
入手のしやすさ ロイヤルカナン
原材料・成分 モグニャン
バリエーション モグニャン
食いつきの良さ モグニャン

比較項目ごとに、どちらがどのようにおすすめか詳細を解説していきます。

 

比較①:コスパ(価格面)ならモグニャンよりロイヤルカナン!

モグニャン購入で一番多い『公式サイトからの定期コース1袋』1.5kgと、ロイヤルカナン『公式サイトからの通常購入1袋』2.0kgとの価格で比較してみました。

モグニャン ロイヤルカナン
公式サイト購入1袋 ¥4534(税込:1.5kg) ¥4556(税込:2.0kg)
1kg当たり換算 ¥3023 ¥2278

この表から、ロイヤルカナンの方が1kg当たり約800円近く安いことがわかります。

ロイヤルカナンは公式サイトの希望小売価格のため、市販のペットショップや大手通販サイト(Amazon等)ではさらに安く購入が可能です(参考価格:Amazonで¥3679(税込:2.0kg~2024/4月現在))。

金額面で比較するならロイヤルカナンの方がお財布にやさしいと言えます

>>ロイヤルカナン公式サイトはこちら!<<

 

比較②:入手のしやすさならモグニャンよりロイヤルカナン!

モグニャンの購入方法はおおきく2つ。

  • モグニャン公式サイトからの注文
  • 大手通販サイト(Amazon・楽天等)からの注文

対してロイヤルカナンは、

  • ロイヤルカナン公式サイトからの注文
  • 大手通販サイト(Amazon・楽天等)からの注文
  • 実店舗での店頭購入

このように量販店やホームセンター、ペットショップで実際に手に取って購入できるのが大きなメリットです。

ネット通販での決済に抵抗がある方は、まだまだいらっしゃいますもんね。

いつでも気軽に買える手軽さは、ロイヤルカナンの方が優れていますね

>>ロイヤルカナン公式サイトはこちら!<<

 

比較③:原材料・成分ならロイヤルカナンよりモグニャン!

モグニャン・ロイヤルカナン両者公式サイトより、共通する主要成分を比較し表にまとめてみました。

成分 モグニャン ロイヤルカナン
タンパク質 27.0%以上 25.0%以上
脂質 11.0%以上 11.0%以上
食物繊維(粗繊維) 5.25%以下 11.6%以下
水分 5.0%以下 6.5%以下
エネルギー(100g当たり) 379kcal 374kcal

成分表だけで見ると両者に大きな差はないように思えますが、原材料表と照らし合わせることで両者の大きな違いが分かってきます。

日本のペットフードは食品表示法により、原材料の含有量が多い順に表示することが定められています。

【モグニャン:原材料名】白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、乳酸菌
【ロイヤルカナンインドア:原材料名】小麦、米、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、超高消化性植物性タンパク(消化率90%以上)、コーン、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥、魚)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、大豆油、酵母および酵母エキス、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸〔EPA + DHA〕源)、フラクトオリゴ糖、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カル二チン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Ca、K、Na、P、Zn、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、ビオチン、B2、パントテン酸カルシウム、A、B1、B6、B12、葉酸、D3)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

このようにモグニャンは一番多い原材料が白身魚、対しロイヤルカナンは小麦となっています。

小麦には植物性たんぱく質(グルテン)が多く含まれている為、ロイヤルカナンの動物性タンパク質は25%を大きく下回ることが推測できます。

猫は完全肉食動物なため、多くの動物性タンパク質摂取が必要で、反対に穀類は消化することが苦手で腸に負担を与え吐き戻しの原因になることもあります

ネコちゃんの健康を考えた場合、高タンパクでグレインフリー(穀物不使用)のモグニャンに軍配が上がります

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

【ロイヤルカナン『総合栄養食』表記について】日本が示すキャットフードの『総合栄養食』の定義は、AAFCO(全米飼料検査官協会)栄養基準をもとに判断されています。モグニャンはFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい栄養基準に遵守していますが、AAFCO栄養基準の審査をしていないので、総合栄養食ではなく『主食』と表記しています。ロイヤルカナンもFEDIAF栄養基準を満たしていますが、AAFCO栄養基準の審査を行っていませんので、日本では『総合栄養食』とは言えないこととなります。

いずれにせよ両社とも、ヨーロッパの厳しい栄養基準をクリアした栄養バランスに優れたプレミアムキャットフードと言うことはできます。

 

比較④:バリエーションならロイヤルカナンよりモグニャン!

『あれっ、おかしくない?』、そう思ったと思います。

モグニャンはドライフードが1種類しかないのに対し、ロイヤルカナンは内容量まで分けるとキャットフードだけで50種類以上存在するので、バリエーションの多さとするならロイヤルカナンが圧倒的に優位です

ここで当サイトならではの見解ですが、

当サイトを訪問される飼い主さんは、『食べてくれないネコちゃんが、食べてくれそうなキャットフードを探して』見に来てくれている

そんな飼い主さんが大半と推察しています。

ロイヤルカナンのように機能別・ライフステージ別に多数種類があると、同じブランドでも必要に応じてまたキャットフードの変更が必要になってきますよね。

一例としてインドアインドア7+(シニア猫用)は、原材料とその含有量に違いがあり、味わいや風味も変わってきます。

結果別物のフードを与える感じになるので、食べてくれないネコちゃんにとってロイヤルカナンのライフステージごとの種類の豊富さはデメリットになると考えます。

ライフステージごとに『また食べてくれないのかな?』と不要な心配はしたくないと考えたなら、ここは全ステージ対応の『モグニャンがおすすめ』と判断させていただきます

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

比較⑤:食いつきの良さならロイヤルカナンよりモグニャン!

『食いつきの良さ』はモグニャンの一番のセールスポイントです

白身魚を65%も使用した力強い魚の風味に、食いつきの良さを促すモグニャン特有の強めの匂いがネコちゃんの食欲をくすぐるように設計されています。

ロイヤルカナンのチキンメインの風味も人気はありますが、主原材料が小麦である以上鶏肉のうまみはそこまで期待できないかもしれません。

ロイヤルカナンには魚味の『アロマ エクシジェント』が魚肉を使用していますが、こちらも主原材料はトウモロコシで魚の肉肉しさはあまり感じられないでしょう。

粒の大きさと形状を比較すると

  • モグニャン:約8mmの楕円形
  • ロイヤルカナン(インドア):約10mmのギブル(丸みを帯びた三角形)

と、モグニャンは粒の大きさや形状も食べてくれないネコちゃんに食べやすさを与える配慮がされています。

『食いつきの良さ・食べてくれる工夫』はモグニャンがはるかに優れていますね

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

5項目の比較まとめ:勝敗を付けるなら『モグニャンの方が良い商品』です。

上記5項目で比較して総合的な勝敗というなら、僅差ですが『モグニャンの方がおすすめできる良い商品』と言えるのではないでしょうか?

価格や手に入れやすさではロイヤルカナンが優れていますが、食いつきの良さや健康面での配慮がモグニャンはより優れていると当サイトは考えています。

どちらも良い商品に間違いありませんが、ネコちゃん目線で考えたら喜んでくれるのはモグニャンになりそうですね。

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

モグニャンとロイヤルカナン、おすすめする飼い主さんをそれぞれ紹介!

比較結果のまとめとして、モグニャン・ロイヤルカナンそれぞれに『おすすめするならどんな飼い主さんか?』をお伝えします。

『うちに当てはまるかも?』そう感じていただけたならぜひ参考にしてみて下さい。

 

モグニャンは食いつきの良さや栄養面を重視する飼い主さんにおすすめ!

モグニャンを強くおすすめするなら、こんな飼い主さんが該当するでしょう。

  • 食べてくれないネコちゃんへのフードの切り替えを考えている飼い主さん
  • 美味しくて、健康でいられるキャットフードを探している飼い主さん
  • 気に入ってくれたなら、高齢になるまで飽きずに食べ続けて欲しい飼い主さん
  • 魚味の美味しいフードを食べさせたい飼い主さん

この点を重視する飼い主さんにモグニャンはピッタリ、ネコちゃんにもきっと喜んでもらえると思いますよ。

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

 

ロイヤルカナンは価格面や購入の手軽さを重視する飼い主さんにおすすめ!

ロイヤルカナンをおすすめするなら、こんな飼い主さんが合っています。

  • 安定の有名商品で、かつ少しでも財布にやさしいものをお探しの飼い主さん
  • 近所で気軽に買える事を重要視している飼い主さん
  • ネット通販で注文に抵抗のある飼い主さん
  • 獣医師さん推奨のブランドに安心感を感じる飼い主さん

『ペットの療法食と言えばロイヤルカナン!』といったブランドイメージには定評があり、『動物病院で勧めてくれるブランドだから安心!』という声は非常に多いです。

長年の実績から多くのファンを獲得したロイヤルカナンは、失敗の少ないキャットフードと言えるかもしれませんね。

>>ロイヤルカナン公式サイトはこちら!<<

 

モグニャンVSロイヤルカナンのまとめ:どっちが良いか最後に決めるのはネコちゃん自身です。

こちらの記事では、人気キャットフードブランドの『モグニャン』『ロイヤルカナン』について選ぶならどちらか?、ポイントを絞り比較解説でお届けしました。

キャットフード選びで飼い主さんが重要視するポイントはみなさん違うはずです。

価格や購入しやすさを重視することも当然大事なことですし、初めて試すフードは信頼できるブランドにこだわるのも良いでしょう。

きっと愛猫ちゃんの食への不安で当サイトを見て頂けていると思いますので、そんな方はぜひネコちゃんが何が一番喜ぶのかを重要視していただけたらと思います。

モグニャンもロイヤルカナンも、どちらもとても良いキャットフードです。

可能ならどちらも一度お試ししてどちらが喜ぶか、ネコちゃんの好みに合わせてあげたいですね。

\モグニャン公式サイトはこちら/

白身魚たっぷり!プレミアムフード『モグニャン』

>>ロイヤルカナン公式サイトはこちら!<<

 

 

タイトルとURLをコピーしました